• VPSでウェブサービスを作る

    ウェブサービスはWWWブラウザを使って利用するだけではなく、TwitterやFacebookなどSNSからの利用も可能になってきており、より広範囲な対応が求められています。その際、従来のように物理サーバで対応することは少なくなっており、さまざまなサービスを利用されてきています。

    話題の産経ニュースの人気を今すぐチェックしよう。

    特に利用が進んでいるのがVPSサービスです。


    リソースを月契約で借りる方式であり、物理サーバと同様な使い勝手が魅力です。

    また、ハードウエアの障害があっても24時間対応で直してくれます。

    電気代、保守料金を考えるとVPSのコストパフォーマンスは大変高いです。

    Webサーバの土台としてVPSサービスを考えると拡張性も十分あります。



    多くのVPSサービスでは複数台の契約も可能になってきており、ウェブサービスの利用者増に柔軟に対応してきています。

    サービスによってはVLANを設定できるケースも多くセキュリティにも考慮したサーバ構成が作れます。



    また、サーバ1台でリソースを増強して対応するウェブサービスも増えています。
    リソースについては物理サーバならCPU交換やメモリ追加で対応できますが、VPSサービスでも同様にリソースを追加し、時間で課金される仕組みが好評です。これまではプラン変更でしか対応できず、一時サービスを止めてプランを変えるということが多かったのですが、無停止でリソースを追加できるサービスが増えてきており、ウェブサービスの機会損失を防ぎながら増強できると好評です。