• VPSのハードディスクについて

    VPSではもっとも増加傾向が高いのがハードディスクです。

    市販価格が大変安くなり、また、大容量化してきたこともあって各サービスでも一気に増量してきたサービスが多いです。



    そのため、利用しないが初期設定で多めに設定されてしまったと思う方も多いです。

    VPSサービスではハードディスクについては仮想化して1つのハードディスクを複数人で利用する場合が多いですが、プランにSSDを増やしてきています。
    VPSではハードウエアを複数人で共有します。ハードディスクも例外ではないのですが、SSDを利用することでサービスの速度向上の底上げが行われます。

    SSDはハードディスクに比べるとまだまだ高価なのですが、急速に価格が下がってきていますが、サービスにおいては価格がそのままで容量を減らすか、価格が上げられて設定されていることが多いです。

    ハードディスクについては他のハードウエアプランと違って増量できるサービスやドライブを追加できるサービスが多くなっています。

    知って大満足のBIGLOBEニュース情報といえばこちらです。

    ドライブ追加については特に同容量であることは必要なく、外付けハードディスクをつけるように追加できます。



    ただし、現在のハードディスク自体の容量を増やすことはできないケースが多くなっています。
    容量については日々増加されてきていますが、現行のユーザーへの還元はされないことも多いです。


    ハードディスクについてはデータを直接アップロードできるサービスも追加されるなどサービス改善が進んでいます。