• VPSサービスの追加オプションについて

    • VPSサービスではCPUやメモリなどの利用ハードウエアを設定できる以外に各種オプションサービスも充実してきています。

      もともとVPSサービスはROOT権限付きのレンタルサーバとして登場していますが、OSを選択できるようになってから物理サーバと同様の自由度が必要と考えられるようになってきています。


      VPSで注目されているオプションに管理ツールがあります。

      ターゲットに応じたレンタルサーバーに有効なサイトです。を情報を幅広くご活用下さい。

      標準で用意される管理ツールもありますが、サーバの再起動や停止、ローカルログイン程度の機能でした。


      サーバ自体の設定はほぼできないのですが、オプションで用意されることが多くなった管理ツールではサーバの管理を細かくWebから行える様になってきています。

      管理できる範囲はWebサーバやデータベースの設定ファイルの修正からパラメータのUIによる設定、また、各種ソフトウエアのインストールが可能です。


      特にソフトウエアのインストールについてはOSの違いを気にすることなくインストーラーがボタンひとつで動いてくれます。



      インストール後は標準設定で動作しますが、設定ファイルがWebから修正できますし、ソフトによってはUIに対応している場合もあります。


      レンタルサーバではよくある設定ツールですが、メモリなどの詳細設定までできるのはROOT権限が与えられているからです。
      VPSサービスでは独自に管理ツールをインストールして利用する方も多いのですが、セキュリティも考慮した追加オプションが用意されたことで注目を集めています。

      マイナビニュースの欲しい情報が手に入りました。

  • サーバについて

  • 大人の常識

    • VPSのハードディスクについて

      VPSではもっとも増加傾向が高いのがハードディスクです。市販価格が大変安くなり、また、大容量化してきたこともあって各サービスでも一気に増量してきたサービスが多いです。...

  • サーバの実態・学びたい知識

    • VPSをメモリで選ぶ

      VPSは選択できる範囲がレンタルサーバサービスよりかなり広いために自由度が高いが敷居が高いと感じる方が多いようです。しかし、実際にはWebからサーバをコントロールできるソフトウエアが提供されることが多いなどレンタルサーバのような使い勝手も用意されて来ています。...

    • VPSでウェブサービスを作る

      ウェブサービスはWWWブラウザを使って利用するだけではなく、TwitterやFacebookなどSNSからの利用も可能になってきており、より広範囲な対応が求められています。その際、従来のように物理サーバで対応することは少なくなっており、さまざまなサービスを利用されてきています。...